衛生検査器材事業 BIO BUSINESS


生培地

真菌用 サブロー寒天培地 CP加サブロー寒天培地 

真菌用 サブロー寒天培地 CP加サブロー寒天培地 
■使用用途:真菌の分離培養、真菌の検査等
■培 養 条 件: 日本薬局方20~25℃ 真菌数:5~7日間培養
 カンジダアルビカンス:30~35℃ 24~48時間培養
 ※その他一般的な培養条件:20~25℃ 5~7日間培養
■判 定:全ての生育したコロニー
■特 徴:本培地は、カビ・酵母をはじめとする真菌用の分離培地です。pHが低く、
 また、ブドウ糖が高濃度に含有されていることで細菌の発育を阻止して真菌を選択的
 に増殖させることができます。そのため様々な検体からの真菌の分離に適しています。

CP加サブロー寒天培地は、抗生物質のクロラムフェニコールを添加しており、夾雑菌の発育を抑制します。

※培地が分注されている為、すぐに表面塗抹平板法による検査ができます。
※培地性能試験を実施済みで、安定した品質の培地をご使用いただけます。
よくある質問

製品ラインナップ

サブロー寒天培地 局方対応
品番入数
3201053-13011D100枚
3201053-13111D50枚
サブロー寒天培地
品番入数
3201053-13011100枚
3201053-1311150枚
3201053-1351130枚
3201053-1371120枚
3201053-1391110枚
CP加サブロー寒天培地 局方対応
品番入数
3201053-13024D100枚
3201053-13124D50枚
CP加サブロー寒天培地
品番入数
3201053-13024100枚
3201053-1312450枚
3201053-1352430枚
3201053-1392410枚

製品仕様

サイズ90mm(直径)×15mm(高さ)
包装単位10枚
保管方法4℃~8℃(冷蔵保存)
使用期限製造日より6ヶ月
送料弊社負担

組成

カゼインペプトン5.0g
肉ペプトン5.0g
ブドウ糖40.0g
寒天15.0g
pH5.6±0.2

よくある質問

培地の表面に水滴がついているが、使用上問題ないか?
培地表面を乾燥させてからご使用ください。
乾燥方法はシャーレのフタ側を下にした状態で、孵卵器に入れます。
孵卵器に入れる時間は、概ね15~20分程度です。培地性能に影響はありません。水滴がついたまま培養するとコロニーが流れたりコンタミネーションの恐れがあります。
生培地はどのようにして使用するのか?
菌数算出をする場合は、培地面に検体0.1mlを滴下して速やかにコンラージ棒などで培地全体に塗抹してください。
定性検査をする場合は、目的集落または増菌培養後の液体培地より1白金耳量を取り、培地表面に画線を描くように塗抹します。肉眼で独立集落として認められるように、手早く培地表面を傷つけないように塗抹します。
ご使用時に培地表面が、凝固水などでぬれている場合や、表面に水滴がついている場合は、フタを下にした状態で20分ほど孵卵器に入れ、培地表面の水滴を蒸発させてからご使用ください。
生培地を使用して落下菌検査はできるか?
はい、落下菌試験に使用できます。

ご発注はインターネット、FAXにて承ります。

お電話・FAXはこちら

  • TEL

    0120-812-880

  • FAX

    0120-824-929

ご注文書フォーム(Excel)

ご発注は、こちらまで発注書をご送信ください。

サンプル依頼、インターネットからのご注文はこちら

>はじめてお取引のお客様はこちら