衛生検査器材事業 BIO BUSINESS


生培地

【受注生産品】その他の生培地

【受注生産品】その他の生培地
ご購入後すぐに表面塗抹平板法による検査ができます。
表面塗抹平板法(生培地)は混釈法より簡便なため自主検査に最適です。

・ 生培地を自家調製するための、粉末培地の秤量、溶解、滅菌、分注、器具洗浄などの作業から解放されます。
・ 培地性能試験を実施しておりますのでいつでも一定した高品質な培地を使用することができます。
・ 混釈培養法では、培地温度が高くなるため温度感受性の高い低温細菌や水系由来の細菌を死滅させる恐れがありますので表面塗抹平板法をお勧めいたします。(特に食肉、魚介類、野菜等の検査)
・ 細菌検査の初心者から熟練者の皆様まで幅広くお使い頂いています。

※受注生産品のため、納期についてはお問い合わせ下さい。 よくある質問

製品ラインナップ

カビ、酵母用 ポテトデキストロース寒天培地
品番入数
3201053-13014100枚
一般生菌用 2%食塩ブレインハートインフュージョン
品番入数
3201053-13019100枚
真菌用 CP加GPLP寒天培地
品番入数
3201053-13020100枚
カビ用 MY20寒天培地
品番入数
3201053-13021100枚
カビ用 M40Y寒天培地
品番入数
3201053-13022100枚
黄色ブドウ球菌用 食塩卵寒天培地
品番入数
3201053-13023100枚
セレウス菌用 MYP寒天培地
品番入数
3201053-13026100枚
変異原性試験用 最小グルコース寒天培地
品番入数
3201053-13075100枚

製品仕様

サイズ90mm(直径)×15mm(高さ)
包装単位10枚
保管方法4℃~8℃(冷蔵保存)
使用期限製造日より3ヶ月
送料弊社負担

よくある質問

培地の表面に水滴がついているが、使用上問題ないか?
培地表面を乾燥させてからご使用下さい。乾燥方法はシャーレのフタを下にした状態で、孵卵器に入れます。
孵卵器に入れる時間は、概ね15~20分程度です。培地成分に変化はありません。水滴がついたまま培養すると、水滴によってコロニーが流れたり、ふやけたりして正確な検査ができません。
生培地はどのようにして使用するのか?
培地面に、検体0.1mlを滴下して、速やかにコンラージ棒などで培地全体に塗末して下さい。
無菌調製済みですから、改めての滅菌などは必要ありません。
ご使用時に培地表面が、凝固水などでぬれている場合や、表面に水滴がついている場合は、フタを下にした状態で20分ほど孵卵器に入れ、培地表面の水滴を蒸発させてからご使用ください。
生培地を使用して落下菌検査はできるか?
はい、落下菌試験に使用できます。

ご発注はインターネット、FAXにて承ります。

お電話・FAXはこちら

  • TEL

    0120-812-880

  • FAX

    0120-824-929

ご注文書フォーム(Excel)

ご発注は、こちらまで発注書をご送信ください。

サンプル依頼、インターネットからのご注文はこちら

>はじめてお取引のお客様はこちら