衛生検査器材事業 BIO BUSINESS


生培地

黄色ブドウ球菌用 卵黄加マンニット食塩寒天培地

黄色ブドウ球菌用 卵黄加マンニット食塩寒天培地
■検出可能な菌:黄色ブドウ球菌
■培養条件:37℃ 24~48時間
■判  定:培地が黄色に変色しコロニー周辺に白濁した卵黄反応が見られるコロニー
■特  徴:本培地はヒトの皮膚、動物等に生息している黄色ブドウ球菌の
 検出培地です。黄色ブドウ球菌は耐熱性の毒を産出します。
 そのため、加熱前の食品で十分に毒素が出ていた場合、加熱後に菌が死滅しても
 食中毒となります。加熱前の食品より菌の有無を確認することが食中毒防止の1つと
 考えられております。

※食品衛生検査指針収載
※培地が分注されている為、すぐに表面塗抹平板法による検査ができます。
※培地性能試験を実施済みで、安定した品質の培地をご使用いただけます。

黄色ブドウ球菌 検査手順はこちら よくある質問
品番入数
3201053-13006100枚
3201053-1310650枚
3201053-1350630枚
3201053-1370620枚
3201053-1390610枚
10枚単位での取り混ぜ品
品番入数
3201053-13306100枚
3201053-1340650枚
3201053-1360630枚
3201053-1380620枚

製品仕様

サイズ90mm(直径)×15mm(高さ)
包装単位10枚
保管方法4℃~8℃(冷蔵保存)
使用期限 製造日より3カ月
送料弊社負担

組成

肉エキス               1.0g
カゼイン - スイ消化ペプトン    5.0g
動物組織 - ペプシン消化ペプトン5.0g
塩化ナトリウム           75.0g
D - マンニトール          10.0g
フェノールレッド           0.025g
卵黄                30ml
寒天                15.0g
pH                 7.4±0.2

よくある質問

培地の表面に水滴がついているが、使用上問題ないか?
培地表面を乾燥させてからご使用ください。
乾燥方法はシャーレのフタ側を下にした状態で、孵卵器に入れます。
孵卵器に入れる時間は、概ね15~20分程度です。培地性能に影響はありません。水滴がついたまま培養するとコロニーが流れたりコンタミネーションの恐れがあります。
生培地はどのようにして使用するのか?
菌数算出をする場合は、培地面に検体0.1mlを滴下して速やかにコンラージ棒などで培地全体に塗抹してください。
定性検査をする場合は、目的集落または増菌培養後の液体培地より1白金耳量を取り、培地表面に画線を描くように塗抹します。肉眼で独立集落として認められるように、手早く培地表面を傷つけないように塗抹します。

ご発注はインターネット、FAXにて承ります。

お電話・FAXはこちら

  • TEL

    0120-812-880

  • FAX

    0120-824-929

ご注文書フォーム(Excel)

ご発注は、こちらまで発注書をご送信ください。

サンプル依頼、インターネットからのご注文はこちら

>はじめてお取引のお客様はこちら