衛生検査器材事業 BIO BUSINESS


【FAQ番号:121】 BGLB液体培地

ダーラム管内に気泡があります

培地中の溶存酸素によって、ダーラム管内に気泡が発生することがございます。また、輸送中の振動等で気泡が入ることもございます。気泡を除いてご使用ください。

溶存酸素対策は以下の通りです。
①検査で使用する前に培養温度に設定したインキュベーター内に1時間~半日程度静置する
②試験管のキャップが締まっていることを確認し、キャップ側を下に向けダーラム管内の気泡を浮上させて除去した後、試験管を斜めにしダーラム管に気泡が入らないよう元に戻す


お問い合わせ
  • フォーム

    https://www.atect.co.jp/inquiry/

    (必ず「お問い合わせ先」欄にて衛生検査器材事業部を選択してください)

  • TEL

    0120-812-880

  • FAX

    0120-824-929