ニュース NEWS

2018.11.07チッカケイ素ボール

新金型(型内への充填流路を従来型とは全く異なる方式に変更)の開発とバインダー(成形助剤)配合比の変更により、PIM 工法ではこれまで実現できなかった曲げ強度830Mpa以上、空孔のない高密度焼結体の量産技術を確立。焼結前(グリーンパーツ)の状態で微小に発生した凸部を瞬時に除去する工法開発にも成功しました。

チッカケイ素ボールの事例はこちらからご参照ください。