ニュース NEWS

2018.11.07炭化ホウ素ボール

Si3N4(チッカケイ素)球におけるPIM工法のアプローチと同様に、新金型の開発とバインダー(成形助剤)配合比の変更を行うことで、製造技術を確立しました。

炭化ホウ素ボールの事例はこちらからご参照ください。